浜松でスズキのものづくりが感じられる場所

日本の自動車の歴史の一端を見ることができる

スズキのものづくり精神と創業者の考え | 企業理念はお客様が求めるものを真摯に作ること | 日本の自動車の歴史の一端を見ることができる

この件は現在の軽自動車を中心とした自動車の種類にも顕著に表れています。
多くの人が自動車に対して安全性や高い機能を求める反面、最も多く求められているのがその燃費であるとの考え方から、燃費の低い軽自動車を中心に製造販売を行っている反面、この軽自動車においても高い安全性と様々な機能を盛り込んで購入する顧客が自分の好みに合わせて選ぶことが出来るような種類になっているのが特徴です。
従来の軽自動車は一般の自動車に比べ高級感に乏しく燃費や価格が重視されていた傾向に対してこの会社が高い運動性能や高級感を軽自動車にもたらしたことからそのイメージが大きく変わりました。
現在では他の自動車メーカーもこのスズキの方向性を踏襲する傾向にあり、軽自動車のこれまでのイメージを大きく変えるきっかけを作ったのもこのものづくりの思想が大きく影響していると考えられます。
このような会社の歴史やその考え方に実際に触れることができる歴史博物館は非常に見所が多いものとなっています。
また実際に自動車を組み立てる場面を見ることができるほか、定期的に様々なイベントが行われているので浜松の近くに行く際にはぜひ立ち寄りたい場所です。
単純に会社の博物館としてだけではなく、日本の自動車の歴史の一端を見ることができるものとしても価値のある場所といえます。

浜松 ものづくり浜松情報専門学校(ハマジョウ)